リフォーム工事の重要なポイントを整理しましょう

やっぱり気になる水まわりの工事

普通、一般の住宅の場合、10年に一度程度の周期でリフォームが必要になるといわれていますよね。マンションも同じですが、やはり一軒家の場合、資産価値を維持するためにもしっかりリフォームしたほうがいいようです。家の中で真っ先にリフォームの対象として挙げられるのが水まわりですよね。キッチン、バス、トイレは、毎日頻繁に使用するため、どうしても傷みやすいところだといえます。10年間、毎日使っていると、どこかしら傷みが生じるのも仕方ありませんよね。ダメージのある個所を中心にしっかり工事で補修してあげましょう。もし、本格的なリフォーム時期に来ている住宅だと、給水管と排水管のチェックも必要になるかも知れません。補修が必要な場合、コーティングという方法もありますが、最終的には配管類の交換工事が必要になる時が来ますので、一応頭の片隅に入れておいた方がいいでしょう。

床と壁も結構傷んでいるはずです

次に目立つか所としては、床と壁になります。床の場合、最近の住宅で多く使われているフローリング材の傷みが気になるかもしれませんね。表面の状態をきれいに、長く持たせるためのコーティングもリフォームを機に考えてもいいのでは。壁のクロス張替えを含め、床と壁の工事にはある程度の工事時間を見ておいた方がいいかも知れません。次のリフォーム工事まで、しっかり長持ちしてくれるような交換あるいは補修工事を依頼しましょう。特に、床暖房を使用している場合、床材の扱いには注意が必要です。リフォームを機に業者さんによく相談することが勧められます。

最後に家の寿命を左右する屋根と外壁

家の寿命を左右するのは、使用されている構造体と呼ばれる家の基本骨組み部分です。ここがしっかり強度を保っていたら、家は頑張り続けることができるのです。逆に、構造体が傷み始めると、家の寿命は急速に短くなっていきます。そして、この構造体を攻撃する要素の一つとして、湿気が挙げられます。物理的な強度を上げるための耐震補強も構造体にとって必要なことですが、湿気は全体をじわじわ蝕んでくるのが恐ろしいところです。そして、その最も大きな原因が、屋根や壁の隙間から入り込む雨水だといわれています。これを防ぐには、屋根や外壁の防水加工工事や塗装をしっかり行うことしかありません。リフォーム時に雨どいなどを含む屋根周辺の補修と防水加工、それに外壁の塗装工事が極めて重要になります。内装工事も大切ですが、この防水加工や外壁塗装が家の寿命を左右することになるのです。リフォームの際には、この点に十分注意するようにしましょう。

筋交いの施工をすることで住宅の強度を高めて地震や台風などの災害に耐えられる住まいを建てることが出来ます。