トイレの床はどうしたい?マンションのトイレリフォーム

トイレの床リフォームをしたいとき

マンションのトイレをリフォームしたいと考えている人は意外と多いものです。わけても、トイレの床をフローリング張りにしたいという要望は多く、実際にフローリング張りにしてしまうマンション家庭も少なくありません。確かに、トイレの床を他の部屋と同じにして、統一感を持たせたりしたいものですよね。とはいえ、トイレというのは床にとっては過酷な環境なので、安易にフローリングにしてしまうと失敗してしまうこともあるので、注意が必要なのです。

フローリング張りにするとどうなるか

まずはトイレの床をフローリング張りにすることで生じてしまうマイナス点を知っておきましょう。トイレは水の飛び散りが多い場ですね。ところがフローリングは木でできており、水には基本的に弱い性質を持っています。そんな中で、そういった水の飛び散りが多く、濡れる機会が増えてしまうと、すぐに腐食してしまって、ところどころが黒ずんでしまうことがあります。そうなると、せっかくリフォームをしたのにまたリフォームしなければならないくなってしまいますよね。まずこういうマイナスポイントがあることを理解しておきましょう。

トイレの床をフローリングにするときには

トイレの床をフローリング張りにする際には、まず性能をしっかり確認するように心がけましょう。具体的には、フローリングの表面の耐性についてのチェックを怠らずにやります。水に強いタイプのフローリングを選べば、少々のトイレの飛び散りに耐性があるので、問題なくリフォームすることができます。ただし、水には強くてもアンモニアには弱い場合があるので、水だけでなくアンモニア耐性があるかどうかもしっかりと確認してからフローリングの素材を選びましょう。

マンションリフォームとは、キッチンやバス、トイレなどを部分的につくり直して新しくすることであり、昨今でも多く行われています。