意外と知らない!部屋の広さについての基礎知識

畳のサイズは地域によって違う?

賃貸情報に掲載された部屋の見取り図には、4.5畳や6畳といったように畳の枚数によって部屋の広さが表示されているのをよく見かけます。しかし東日本と西日本では畳のサイズが違うため、部屋の広さも必然的に変わってきます。例えば同じ6畳間の場合だと、東日本でよく採用されている江戸間では面積が約9.3平米になるのに対し、西日本で代表的な京間では約11平米になるため、その差は約畳1枚分(1.7平米)もあることになります。なので特に西日本から東日本へ引越しをする場合は、そのような違いがあることを知っておくとよいでしょう。

「平米」を「畳の広さ」に置き換える簡単な方法

部屋の広さは、4.5畳や6畳など、畳の枚数で表されると感覚的に分かりやすいと感じる人も多いと思われますが、賃貸情報では平米(平方メートル)で表される場合も多く見られます。そこで知っておくと便利なのは、江戸間(東日本)と京間(西日本)の中間にある中京間を基準とした場合は「6畳=約10平米」になるということです。例えば40平米の広さがある物件の場合は、6畳間4つ分の広さがあるということが感覚的に分かるということになるでしょう。

ワンルームの面積について考えてみる

とくにワンルーム(1R)の物件の場合は、広さを平米で表記されることが多いため、畳の広さ(枚数)に置き換えて考えると便利だと言えるでしょう。さらにワンルームの場合は、占有面積(居住者が自由に使える空間)から収納やトイレなどの面積を差し引いた、全体の6~7割が居室として使える空間になります。なので占有面積が18平米のワンルームの場合は、全体の面積が約10.8畳(中京間基準)になり、居室として使える面積は6~7畳程度という計算になると言えます。

帯広市の賃貸マンションには、オートロックといった数々の防犯セキュリティがあるので、防犯性に優れていて、安全な生活を送ることができます。